新型出生前診断についての情報が満載です!

こちらのサイトでは、新型出生前診断についての情報をわかりやすくご紹介しています。
ご紹介の中には、診断の結果が理由で中絶を選ぶもしくは判断を下すことはあるのか、診断は倫理的に考えて良いものなのか、この検査の診断だけで決めるのではなく確定検査を行う決めることが多い、妊婦が受けるダメージなどについてご紹介を行っています。
なお、NIPTは非確定的検査に含まれるもので、この検査で異常が認められた場合でも、後に行う確定検査で異常が見つからないケースも決してゼロとはいい切れないことを把握しておきましょう。

新型出生前診断の結果が理由で中絶を選ぶケースの例

新型出生前診断の結果が理由で中絶を選ぶケースの例 新型出生前診断はお母さんの血液を採取するだけで、お腹の中にいる赤ちゃんの染色体異常を診断することができる検査方法で、非確定的検査に含まれます。
そのため、この検査の中で中絶を考えるのではなく、妊娠15以降に行うことができる羊水検査を受けてから決める方法もあります。
新型出生前診断でダウン症候群と診断がされた場合でも、後で行う羊水検査で異常が見つからないこともゼロではありませんし、人工妊娠中絶手術は妊娠22週未満(21週6日)であれば可能になるので、新型出生前診断の結果だけで中絶をする必要がないなどの理由があるわけです。
ちなみに、18トリソミーや13トリソミー症候群などの診断が下された場合、赤ちゃんの寿命は1年以内などといわれています。

中絶の後押しにも繋がる新型出生前診断について

中絶の後押しにも繋がる新型出生前診断について お母さんの血液を採取するだけで胎児に病気があるのか否かを診断することができる、その病気とはダウン症などの疾患の有無を意味します。
ダウン症は顔立ちに特徴があるので大半の人はどのような疾患であるのかを知っている人は多いかと思われますが、発育障害の症状もあるので集団の中での生活が難しくなる、ご両親の苦労も多くなりがちです。
そのため、新型出生前診断は悪い意味で中絶を後押ししてしまう診断などといわれることも少なくありません。
新型出生前診断で陽性の診断が下されたとき、それがダウン症候群やその他の染色体異常である可能性は高くなる、子供の将来を考えるとご両親は悲しみに包まれてしまう、どのようにするのが良いのかわからないで悩むケースは多いといえましょう。
もし、自分の子供が新型出生前診断で陽性といわれたとき頭の中が真っ白になり、中絶が最善の策であると考えるケースも多いのではないでしょうか。
ちなみに、出生前診断で陽性の結果が出ても中絶の割合は全体の1%程度に過ぎないなどの報告もあり、授かった命を大切に考えようとする人が多いのです。
ただし、この新型出生前診断で陽性となった場合でも、確定診断の中で陰性になる可能性もあるなど奇跡を求める人も多いといえましょう。

おすすめのNIPT情報サイト

新型出生前診断 東京